新潟で調理・カフェ・製菓・製パン・栄養の世界を目指すなら”新潟県で唯一の食の総合専門校”Food(フード)国際調理製菓専門学校

閉じる
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • アクセス
  • 訪問者別
  • メニュー

ホーム > ブログ > さつまいも の 知っているようで知らない「おいしい」豆知識

さつまいも の 知っているようで知らない「おいしい」豆知識

2015/09/09 その他

images

秋の味覚といえばさつまいも!

皆さんよく知っているさつまいもですが、

ちょっとした豆知識でさらにおいしくいただきましょう♡

★甘みを増す料理方法は・・・?

「煮る→蒸す→焼く」

この順番でとっても甘く焼き芋が出来上がります!

理由は・・・さつまいもの主成分はでんぷんなので、

蒸す・煮る・焼くなど加熱によって一部が糖質に変わり甘味が増すということです!

★切ると出てくる白い液体はなあに・・・?

白い液体は⇒「ヤラピン」という樹脂の一種。

ヤラピンには腸の動きを促進する働きがあり、さつまいもに豊富に含まれる食物繊維との相乗効果で、お腹の中をきれいにしてくれます。

 

★おいしい見分け方は?

皮の色→鮮やかでつやがあり、なめらかなもの。

根っこ→かたいヒゲ根があるものは繊維が多いので避ける。

0910号さつまいも

★おいしく美しくなるレシピ

さつまいも+レモン → 「さつまいものレモン煮」

整腸作用による美肌効果、ストレス解消にも役立ちます。

 

さつまいも+りんご+ヨーグルト → 「さつまいものサラダ」

がん予防&便秘予防などになります。

 

★新潟産はブランド!

新潟市西区の砂丘作られている、上品な甘さとしっとりとした食感の

“いもジェンヌ”

というブランドが注目されています!

 

0910号いもジェンヌ

そしてこの「さつまいも」を使ったパンを

9月19日のオープンキャンパスでも作れる体験授業を行うので

ぜひ、お越しくださいね★ 詳しくはコチラ

(ブランド芋の「イモジェンヌ」試食もありますよっ♪)

IMG_3838

 

食に関するちょっとした“コツ”も、

Foodオープンキャンパスでたくさんご紹介しています。

興味がある方は、是非遊びにきてね♪

ページトップへ