新潟で調理・カフェ・製菓・製パン・栄養の世界を目指すなら”新潟県で唯一の食の総合専門校”Food(フード)国際調理製菓専門学校

閉じる
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • アクセス
  • 訪問者別
  • メニュー

ホーム > ブログ > りんごの蜜って実は甘くない!?

りんごの蜜って実は甘くない!?

2015/10/20 食のマメ知識

誰でも知っている秋の味覚「りんご」

りんごを切ると、甘そうな蜜がたっぷり♡

1020号 りんごの蜜

 

この部分が甘い!

と思っている人が多いのでは?

 

でも実はこの部分をかじっても甘くないのです・・・

 

 

 

・蜜の正体とは?

芯のまわりにできる蜜。これは「ソルビトール」という糖の一種です。

ソルビトールは酵素の働きで「甘み成分」の果糖やショ糖に変わります。

十分甘くなると、酵素の働きは弱くなってソルビトールのままたまっていきます。

これが、はちみつに見た目が似ているので蜜と呼ばれていますが、

この部分だけ食べてもそんなに甘くありません。

しかし、蜜がたまっている=完熟している証拠のため

「蜜入り=甘い」とされています。

(注:蜜の入りやすさは品種によって異なります。)

 

りんご カット

 

 

 

りんごにはどんな種類がある?

ふじ・つがる・紅玉・陸奥・ジョナゴールド

皮が黄色の品種として王林、ゴールデンデリシャス

などがあります。

 

yun_3631

 

 

・食べごろの見分けかたは?

熟すにしたがって、皮が赤い品種は赤くなり、おしりの部分も緑色から黄色がかってきます。

完熟すると表面を保護するためのろう物質を多く分泌するものもあります。

表面のつやや、おしりの色の状態をチェックして食べごろのりんごを見分けてみましょう!

1020号りんご

 

 

この秋は、旬な美味しいリンゴを使って

お菓子を作ってみては?☆

 

自分で作るとなおさら美味しく感じるかもですね

 

11月7日(土)のオープンキャンパスでは

ミルフィーユ仕立ての「アップルパイ」

を体験できますよ☆

IMG_6040

 

ぜひご参加お待ちしています。

 

 

詳細はコチラ

 

食に関するちょっとした“コツ”はFoodオープンキャンパスでもご紹介しています。

興味がある方は、是非遊びにきてね♪

ページトップへ