Food 国際調理製菓専門学校 校友会

Food 国際調理製菓専門学校 校友会

  • HOME
  • 既卒求人一覧
  • 卒業生の活躍
  • 校友会会則
  • 各種申請書類
  • 住所変更/姓名変更/近況のお知らせ
  • MENU
  • ページトップへ

新潟市で話題の人気店でブランジェとして活躍する卒業生

パティシエ学科

島津 祐基さん

(長岡明徳出身)

卒業学科 パティシエ学科
勤務先 「シスコ ザ ベーカリー」

独自の製法による極上の「発酵バタークロワッサン」や粉の配合にこだわった「バケット」等をはじめ

毎日40〜50種類のおいしいパンを楽しめる新潟市内でも話題のパン屋さん「シスコ ザ ベーカリー」。

こちらでブランジェとして活躍する卒業生、島津さんを紹介します。

top3_img2

パンを仕事に選んだきっかけは「パンが大好き」だから

現在、店舗の店長として、パン製造全般と後輩育成、シフト管理など様々な業務を行う島津さん。

ブランジェの道を目指したきっかけは「とにかくパンが好き」ということ。

「もともと小さい頃からパン屋さんに行くのが好きでした。それがきっかけでブランジェを目指しました。

食べるのも、作るのも大好きです。朝お店に来て、パンが焼き上がる瞬間や、

日々気温や状態によって違うパンに出会うことができるのも楽しいです。

パンはとても繊細で、少しでも手を抜くと失敗します。

だからこそ面白くて、自分の手で看板となるパンを焼けるように学び続け、

どうやったら昨日のパンを超える最高のものが出来るのか、パンと向き合い、

それを追い求める毎日です。」

IMG_9019

他の飲食店と違うのは、

売れるのと売れ残る物がはっきり現れることだという島津さん。

自分が作ったパンが売れて、美味しいと喜んでもらえることが嬉しいと教えてくれました。

 

 

 

Foodで出会った尊敬する先生。今はその先生のお店で働くことができている

「Foodに入学したきっかけは、新しい校舎に惹かれたことと、オープンキャンパスで見た先生のプロの技です。他の学校は見ずにFoodに決めました。

在学時、お店も運営する現役ブランジェの木下先生による授業の中で、

教科書に沿ってではなく、感覚や身体で覚えることを大事に、現場で求められる技術の指導してくださいました。

それが、今の仕事にもとても生きています。

 

現在、就職して2回の転職を経験しています。

今のお店と出会ったきっかけも木下先生でした。

2度目の転職を考えていたときにちょうど先生のお店に求人が出て、先生のお店で働かせてもらうことになりました。

ずっと先生のパンが好きで、学生時代から目標だったので、本当に嬉しかったです。」

 

楽な業界ではないけど、夢や目標があればどんなことも楽しめる

「このお仕事は、体力的にも厳しいことがたくさんあります。

ですが、目標が明確になれば、どんなことも楽しめ、乗り越えていくことが出来ると感じています。

私も実際に、目標が無いまま働き、2回の挫折を経験し、

夢や目標を持つことの大切さに気付きました。」

IMG_9078

そんな島津さんの夢は、ブランジェとバリスタがどちらもいて、

パンもコーヒーも楽しめるお店を開くことなんだそう。

 

 

いつかそのお店がオープンすることを楽しみにしています!

これからも目標に向かって頑張ってください!