新潟で調理・カフェ・製菓・製パン・栄養の世界を目指すなら”新潟県で唯一の食の総合専門校”Food(フード)国際調理製菓専門学校

閉じる
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • アクセス
  • 訪問者別
  • メニュー

ホーム > 活躍する卒業生 > ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル 柳生田樹さん

横浜を代表するラグジュアリーホテルで働く卒業生

6J1A6839

ホテル・旅館

柳生田樹さん

シェフ学科

(加茂農林高校出身)

勤務先 「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」
職種 ホテル・旅館

 

神奈川県横浜市みなとみらい地区にあり、宴会や婚礼、会議など多くの方に利用されている横浜を代表するラグジュアリーホテル。現在、このホテルの調理師として、卒業生の柳生田さんが働いています。
Food在学時の現場研修がきっかけでこのホテルと出会い、就職を叶え今年入社1年目。
努力を積み重ね、様々なことを吸収しながら働く柳生田さんを紹介します。

無限の味の可能性を知り、料理の世界が広がる日々

現在は宴会や婚礼料理の盛り付けや、各部署への野菜等の仕分けを行っている柳生田さん。

「お客様の喜ぶ姿を思い浮かべながらきれいに盛りつけることを心がけています。」とのこと。

「料理長が生み出すメニューを間近で見て、食材の組み合わせによる味の世界の広がりに感動する日々です。自宅でも色々な食材の味を知り、組み合わせ方を研究するようになりました!」

6J1A6706

フランス料理のレストランで経験を積んでいきたい

「ホテル内には色々なレストランがあります。その中でもフランス料理レストランで経験を積んでいくことが今の目標です。美しく盛り付けられ、素材を生かした料理は、見ても食べても感動でき、いつか自分もそのような料理を作りお客様を幸せにできたら良いなと思います。そのために今は先輩の仕事をよく見て、学んで、少しでも手伝えることは自分から積極的にしていくようにしています。」

6J1A6618

仕事に必要なこと、基本技術は全てはFoodで学んだ

「Foodの先生はどんな技術も一つ一つきちんと教えてくれ、基本技術がしっかり身に付きました。「あいさつ」「礼儀」も職場ではとても大事で、そのような現場で必要な心構えを全てFoodで学ぶことができました。」

6J1A6846

取材中も、常に礼儀正しく、どんなことも一生懸命取り組む柳生田さん。
「知らない世界を知りたい」と向上心も強く、来年には「技能五輪」というコンクールにも挑戦したいのだそう!
自分が挑戦したいことへのチャンス、プロの仕事を見せてくれる先輩シェフがいる環境があるからこそ、チャレンジし、成長し続けられるのだなと思いました!

 

 

 

ページトップへ