新潟で調理・カフェ・製菓・製パン・栄養の世界を目指すなら”新潟県で唯一の食の総合専門校”Food(フード)国際調理製菓専門学校

閉じる

ホーム > 活躍する卒業生 > パティスリーレーブ 宮岡さん

長野県の食材を使ったスイーツが人気の洋菓子店でパティシエとして活躍する卒業生

IMG_0912

パティシエ

宮岡さん

パティシエ学科

(市立長野高等学校出身)

勤務先 「パティスリーレーブ」
職種 パティシエ

長野県の木島平にある、「パティスリーレーブ」

喫茶スペースとキッズルームがあり、地元で採れる「菜の花みゆき卵」を使ったスポンジやカスタード、

木島平の米粉を使ったクッキーなど、誠実な美味しさが伝わるスイーツを提供しているお店です。

こちらでパティシエとして頑張る卒業生、宮岡さんを紹介します。

IMG_0908

 

 

自分の仕上げたケーキでお客様を笑顔にしたい!

 

現在、こちらのお店でデコレーションケーキの仕上げや、袋詰め、フォンサージュという、

容器の側面と底に生地や材料をぴったりと敷く作業などを行っている宮岡さん。
「シェフにご指導をいただきながら、Foodで習ったことを一つひとつ生かしてケーキ作りをしています。

お客様の輝く笑顔を見れることと、自分の仕上げたケーキを買ってもらえた時が一番のやりがいです!

ケーキを通じ、笑顔や幸せを届けられるよう頑張っています!」

 

IMG_0912

Foodで習った全てのお菓子の「キホン」がとても生きている

「ナッペ(スポンジに生クリームを塗る作業)や

パイピング(バタークリームやガナッシュをコルネバッグに入れて 先端を細く切り 文字や模様を丁寧に絞っていく作業)など、

クリームの状態や扱い方を、Foodの先生は感覚で覚えるまで教えてくださいました。

 

これ以外にも、現場で必要とされる基礎をしっかり教えていただいたので、

今はそれを軸に色々な技術を習得できています!」

 

まだまだ未熟ですが、

これからもシェフに沢山のことを教わりながら成長していきたいです!

 

 

IMG_0905 

 

ページトップへ