新潟で調理・カフェ・製菓・製パン・栄養の世界を目指すなら”新潟県で唯一の食の総合専門校”Food(フード)国際調理製菓専門学校

閉じる

ホーム > 活躍する卒業生 > 御膳房グループ 小野さん

【東京・銀座】食材から調理法、空間、接客まで心から中国料理を味わえるレストランで働く卒業生

IMG_6561

専門料理店

小野さん

シェフ学科

(豊栄高校出身)

勤務先 「御膳房グループ」
職種 専門料理店

こだわりの食材のみを使用した本格的な中国料理を提供し、東京に七店舗を展開する「御膳房グループ」。

食の文化を大切にし、様々なシーンで食事を楽しむことができます。

こちらのレストランで調理師として働く卒業生・小野さんを紹介します。

(まずはSpecialムービーをご覧ください)

食べて美味しい!作って楽しい!かっこいい中国料理の魅力をもっと広めたい

現在入社2年目の小野さん。

料理の仕上げや飾りつけ、食材の仕込み、系列店での坦々麺の調理、デシャップ(注文を管理する役割)

など、様々な役割を担当しています。

 

「お客様が完食してくれた時や、美味しいと言ってもらえた時にやりがいを感じます。

中国料理の魅力は、豪快でカッコイイし、美味しいところ!

自分がとにかく中国料理が大好きなので、美味しいものを提供し、日本人に中国料理をもっと好きになってもらえるように、技術を高めたいです!」

IMG_6579

 

周りは中国人シェフばかり!言葉は通じなくても表情や心で通じ合えた!

本格的な中国料理を提供する「御膳房」さん。働くシェフのほとんどは中国の方とのこと。

「言葉は通じなくても、ジェスチャーや表情で通じ合うことができました。

たまに出るジョークも楽しいコミュニケーションです!

今では中国語も覚え、わかるようになりました!

またFood在学時に、レシピや調理用語、食材もすべて中国語だったので、それが現場でとても生きました!

言葉が通じないからこそ、相手のことを考えて行動することの大事さを学ぶ日々です!」

 

 

IMG_6716

中国料理の世界の入り口は「ラーメン」だった!

「中国料理を学びたいと思ったきっかけは、中学生のころ大好きだった”ラーメン”でした。

よく親とラーメンを食べに行き、そこで「チャーハン」を注文した時に、

美味しいだけでなく中華鍋を振る姿がかっこよく、それが中国料理を学びたいと思ったきっかけでした。

 

Foodに入学し、中国料理の先生と出会い、もっと料理の世界が広がって気持ちがさらに強くなりました。

在学中は、朝早く学校に行き、放課後や休日にも鍋ふりなどの技術を特訓し、

そのおかげで、入社後も(新人はなかなかやらせてもらえない)賄の際に、鍋を振らせてもらえたりし

ました。

IMG_6750

本場中国で料理を学び、日本に”本場の味”を持って帰ってくるのが今の目標

「目標は、本場の中国に渡り本場の味を学び、また日本に戻ってきたときに”自分にしか出せない味”を提供すること。

自分の夢のためにFoodで学び、東京へ出てきて、今の自分があります。

だから目標に向かって進むのみ!これからも頑張ります!」

IMG_6561

在学時と変わらずまっすぐで謙虚で努力家な小野さん。

中国語ばかりを話しているせいで、日本語がカタコトになっているところも驚きでした!(笑)

これからも頑張って夢を叶えてね!!

 

 

========================================================

 

 

ページトップへ