新潟で調理・カフェ・製菓・製パン・栄養の世界を目指すなら”新潟県で唯一の食の総合専門校”Food(フード)国際調理製菓専門学校

閉じる
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • アクセス
  • 訪問者別
  • メニュー

ホーム > ブログ > ジャパンケーキショーを終えて・・・

ジャパンケーキショーを終えて・・・

2014/10/17 資格・コンクール

みなさん!こんにちは!

パティシエ学科相羽です

 

さかのぼる事数か月前・・・。

ジャパンケーキショー選手選考会が行われました。

その時から、実習・授業・就職活動を並行で行いながら、地道に作り上げてきたマジパン細工が、

10月14日~ジャパンケーキショーにて、お披露目となりました

では、選手陣9名の作品をご紹介します

1413444176614

パティシエ学科 2年 丸山 歩望

 

1413444170918

パティシエ学科 2年 小黒 有紗

 

1413444160543

パティシエ学科 2年 濵田 志穂

 

1413444149318

パティシエ学科 2年 佐野 愛実

 


1413444156418

製菓助手 杉崎 智子

 

1413444145401

製菓担当 相羽 暁

 

1413444186580

パティシエ学科 2年 生田 伸恵 (ジュニアエコール部門 銅賞受賞作品)

 

1413444166722

パティシエ学科 2年 豊島 拓美 (ジュニアエコール部門 銅賞受賞作品)

 

たくさんの思いがこもった作品が出来ました

今回は選手陣を代表して、受賞した生田さん、豊島さんにインタビューしてみました。

 

 

~インタビュー~

 

相羽:初めてのマジパン細工はどうでしたか?

 

生田:難しいことだらけでしたが、たくさんの方々の協力があって完成させることができました。 つらかったけど、楽しかったです。

 

豊島:想像してたよりもすごく難しかったです。

 

相羽:うんうん、見かけより難しいよね。

 

相羽:じゃあ、次の質問! 一番大変だったところはどこですか?

 

生田:私は動物の表情や体作りが難しかったです。 楽しさや動きがなかなか上手に表現できなくて・・・

 

豊島:私は本と花ですね。いかに本物に近づけるかを追及して、何回も作りなおしました。

 

相羽:わかるわかる。動かないものに動きをいれる。難しいよね~

 

相羽:では最後の質問!これからの意気込みを聞かせてください!!

 

生田:今回の経験を、残りの学校生活、社会人になってからも活かしていきたいです!

 

豊島:私も!お店に貢献できるようにこの経験を活かして頑張ります!

 

相羽:熱い意気込み!聞かせて頂きました!ありがとうございました!

以上、選手代表インタビューでした。

 

 この経験を大切に、これからも素敵な人生が歩めるように、みんな頑張っていきましょう!!

パティシエ学科相羽でした

 

ページトップへ