新潟で調理・カフェ・製菓・製パン・栄養の世界を目指すなら”新潟県で唯一の食の総合専門校”Food(フード)国際調理製菓専門学校

閉じる
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • アクセス
  • 訪問者別
  • メニュー

ホーム > ブログ > お弁当で大活躍の梅ぼし、大葉、ゆかりのすごいパワーとは・・・?

お弁当で大活躍の梅ぼし、大葉、ゆかりのすごいパワーとは・・・?

2015/05/18 未分類

こんにちは^^

 

暖かくなってきたこの時期、

心配なのはお昼に持ってきたお弁当・・・

 

そこで今日は、お弁当を腐らせないようにする2つのポイントをご紹介!

images

「これからの季節、お弁当を作るとき・詰めるときの注意点とは?」

 

ポイント①

 

防腐剤代わりになる食材を利用

(梅干し・大葉・ゆかり・わさびなど)

 

梅干しや大葉、ゆかりなどには

昔から防腐剤としての働きがあると言われています。

 

梅干しはご飯に乗せるだけでもいいですし、

大葉は豚肉と一緒に巻いて揚げるとおかずの一品になります。

 

また、わさびにも食中毒を防ぐ効果がありますので、

わさびマヨネーズとして味付けに加えてみてはどうでしょうか。

 食中毒弁当

 

ポイント②

できたての熱い料理を詰めるのではなく、

全部をしっかり冷ましたほうがよい

とされています

その理由は、熱いものを入れてもいつまでも熱いままではなく、

しだいに冷めて生あたたかい状態がかなり長く続くので、

この間に細菌がどんどん増えていくからです。

 

 

 

★食中毒を防ぐためには、

 

細菌などを食べ物に「つけない」、

食べ物に付着した細菌を「増やさない」、

食べ物や調理器具に付着した細菌やウイルスを「やっつける」

 

という3つのことが原則となります。

 食中毒イラスト

 

食に関するちょっとした“コツ”はFoodオープンキャンパスでもご紹介しています。

興味がある方は、是非遊びにきてね♪

ページトップへ