新潟で調理・カフェ・製菓・製パン・栄養の世界を目指すなら”新潟県で唯一の食の総合専門校”Food(フード)国際調理製菓専門学校

閉じる

ホーム > ブログ > 【国際交流】プロの技で新潟食材の魅力を発信し、ロシア人シェフたちと交流しました

【国際交流】プロの技で新潟食材の魅力を発信し、ロシア人シェフたちと交流しました

2018/09/18 キャンパスライフ

ロシアにて11月から開催予定の新潟県産フェア「Niigata Weeks」にて使用する食材を選ぶために、

ロシアからレストランを営むシェフがFoodに来校しました!

 

 

新潟の「米」や「もち」「乾麺」、「だし」「醤油」、、、などを販売する企業が商品を提供し、

その食材を使ってFoodの先生が活用法やレシピを実演しました!

 

 

↓日本料理専任講師の本間先生によるデモンストレ―ション

IMG_9634 IMG_9644

 

手打ちうどんの技術にロシア人のシェフの方々は興味深々です。

IMG_9675

 

「麺つゆ」や「しょうが」も紹介しました!

 

 

↓こちらは

・かんずりや焼き肉のたれや麺つゆで味付けした「たれカツ」

・麹で作ったプリン

・乾物とひたし豆を使ったサラダです。

IMG_9659

 

IMG_9663

 

↓車麩のお味噌汁

IMG_9660

出汁の味も日本が世界に誇る深い味です。

 

↓車麩のフレンチトースト

IMG_9665

 

IMG_9677

 

 

次は西洋料理専任講師の難波先生によるデモンストレーションです。

IMG_9671 IMG_9654

 

↓米粉を使ったパスタ

(米粉の活用について質問がたくさん!ラーメンにも代用できるのかなど興味津々でした。)

IMG_9662

 

パスタソースには「テンペ」という大豆と麹でできた食品が使われています。

 

IMG_9670

 

 

IMG_9658

 

その後はロシア人シェフによる料理の実演がありました。

ロシアの代表的な料理を丁寧に紹介していただき、

学生たちも一緒に調理を行いました!

IMG_9679 IMG_9689 IMG_9691 IMG_9698

 

 

普段何気なく食べている食材も、海外の方にとっては珍しく魅力的なもの。

日本や新潟の食材の魅力を、プロの技術で伝え、

海外の文化も理解できる貴重な一日でした!

 

 

 

Foodはほかにも、海外のシェフの料理に触れたり、

留学生と交流したり、研修に行ったりと、

グローバル時代に対応していけるよう、国際教育を大切にしています!

 

ページトップへ