新潟で調理・カフェ・製菓・製パン・栄養の世界を目指すなら”新潟県で唯一の食の総合専門校”Food(フード)国際調理製菓専門学校

閉じる
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • アクセス
  • 訪問者別
  • メニュー

ホーム > ブログ > 【食の豆知識】行事食とは?健康や家族の幸せを願う日本の「食文化」を紹介します

【食の豆知識】行事食とは?健康や家族の幸せを願う日本の「食文化」を紹介します

2016/12/21 新着情報

42985035_218x291

 

年越しにおそばを食べたり、

お正月におせちを食べたり、

ひな祭りにひなあられを食べたり、、、、

 

行事ごとに食べる料理ってありますよね^^

 

これは、日本人が大事にしている食文化の一つ

 

「行事食」というものです★

 

行事食とは、季節ごとの行事やお祝いの日に食べる特別な料理。

それぞれの旬の食材を取り入れたものが多く、行事食には家族の幸せや健康を願う意味が込められています。

 

まもなくやってくる冬の行事「冬至」にも、

食べる食材があります。

 

その1つが「かぼちゃ」!

今回はかぼちゃに関する豆知識を紹介します。

 

1220号南瓜

 

 

「かぼちゃ」を食べることにはいろいろな意味が込められています。

 

★「運」が来るように。

冬至には「ん」がつくものを食べると運がよくなるといわれ、

かぼちゃ「南瓜」(なんきんともいいます)が食べられます。

ほかにも、

人参(に)

蓮根(れ)

銀杏(ぎ)

金柑(き)

寒天(か)

饂飩(うど、う)の

「2つ“ん”」がつく七種が、縁起がよいとされています。

 

 

img_0

 

 

 

★季節の変わり目に体を壊さないように

 季節の変わり目は特に体調を崩しやすく、

行事食は体の免疫を高める食材を取り入れたものでもあります。

かぼちゃは、β‐カロテンが豊富です。β-カロテンから変換されるビタミンAには、人間の粘膜を丈夫にする働きがあるため、口、鼻、のど、肺、胃や腸の健康維持に効果的です。

1220号かぼちゃ煮物

 

 

★冬を越すパワーの象徴

かぼちゃの中は黄色く、太陽に似ていますよね。
この太陽のように黄色いかぼちゃに、
 冬を越す力がある と信じられていたそうです。

42985035_218x291

 

 

このように食は季節や行事とも合わせて楽しめ、深いかかわりがあるんですよ^^

ちなみに今年の冬至は「12月21日」!

 

お正月、節分、ひなまつりと、

行事ごとの食事を楽しんでいきましょう★

 

 

食に関するちょっとした“コツ”はFoodオープンキャンパスでもご紹介しています。

興味がある方は、是非遊びにきてね♪

 

********************************************************

 

【Foodの今後のイベント】

★恵方巻で節分を楽しく過ごそう♬&

クロワッサンの体験!【1/21】

図1

詳しくはコチラ

 

★「バレンタイン」用のケーキを作ろう!

&チョコの栄養を知ろう!

オープンキャンパス【1/28(土)】

 

IMG_8042

本格デコレーションのチョコケーキを作ります!

詳しくはコチラ

 

 

 

ページトップへ