新潟で調理・カフェ・製菓・製パン・栄養の世界を目指すなら”新潟県で唯一の食の総合専門校”Food(フード)国際調理製菓専門学校

閉じる
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • アクセス
  • 訪問者別
  • メニュー

ホーム > ブログ > 秋の味覚豆知識★ ~旬の食材や栄養を紹介~

秋の味覚豆知識★ ~旬の食材や栄養を紹介~

2017/09/06 食のマメ知識

kabotya_kaseda1_140320

こんにちは^^

新学期はいかがお過ごしですか?

急に寒くなって体調崩していませんか?

 

テストや文化祭、修学旅行・・・など、秋はいろいろな行事が盛りだくさんですね♪♪

今日はちょっと一息!

 

おいしい秋をもっと楽しむための「秋の食材の豆知識」を紹介★

 

●梨:疲れに良い!

梨に含まれる果糖、クエン酸には疲労回復効果があります。

thBBDTEZP4

 

 

●まつたけ:なぜ高級なの?

松茸の性質上で、人工栽培ができないため収穫量が少なく、高級品として扱われています。

長年人工栽培の研究が進められていますが、完全な人工栽培はまだできていません。

45d9435c1736285ed44461c6291f8a9c_s

新米と松茸で炊き込みごはんにして食べると、香りが広がりおすすめです★

IMG_0099

 

 

●栗:縄文時代から食べられていた!

ビタミンやミネラルが豊富で、縄文人の大切な栄養源だったそう!

ae0b7aaeedd61ac36b7ccb8a91db799a_s

 

 

●サツマイモ:冷蔵庫に入れるのはNG?

さつまいもは絶対に冷蔵庫で保存してはいけない食材です。さつまいもは寒さが苦手で、すぐ腐ってしまいます。13~15℃くらいの場所で、一つずつ新聞紙で包んでダンボールに縦に入れて保存すると長持ちします。

 

おすすめのスイーツ:スイートポテト★

41296807

 

○かぼちゃ:栄養価は野菜の中でもトップクラス!

かぼちゃは、カロリーが高く、ビタミンやミネラルが豊富で、栄養価の高い野菜です。
別名「若返りのビタミン」!とも呼ばれているビタミンEや、

皮膚や粘膜・眼を保護するβカロテン(ビタミンA)などがあります。

食物繊維も多く、便通を良くしたり血圧の急激な上昇を防ぐ働きがあります。

 

 

今週のオープンキャンパスでは

このカボチャを使って、

カボチャの形をしたふわふわのちぎりパンを作りますよ☆

IMG_5968

まだお申し込み受け付けております(^^)/

 

お申し込みや詳細はこちらから

b_300x250

 

 

ページトップへ