新潟で調理・カフェ・製菓・製パン・栄養の世界を目指すなら”新潟県で唯一の食の総合専門校”Food(フード)国際調理製菓専門学校

閉じる
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • アクセス
  • 訪問者別
  • メニュー

ホーム > ブログ > 【健康調理学科の食育講座】子どもたちに教えてあげたい「節分」の豆知識

【健康調理学科の食育講座】子どもたちに教えてあげたい「節分」の豆知識

2017/02/03 その他

illust2629

 

 

 

こんにちは★

 

健康調理学科です♬

 

1年を見渡してみると、日本にはクリスマスやバレンタインなどの比較的歴史の浅い行事から、古来から続く季節行事まで、たくさんありますね。

そして、今日は節分!

 

節分ってなに?

 

なんで年の数だけ豆を食べるの?

 

恵方巻って毎年向いて食べる方角が違うのはなぜ?

 

など、意外と知らないことも多いかもしれません!

 

実は、健康調理学科の主な就職先である、幼稚園や小学校の給食のお仕事の一つに「食育」というものがあります。

 

今日はその食育のひとつで日本の行事「節分」を紹介したいと思います!

illust2629

 

節分ってどういう意味?

節分は、季節と季節の分かれ目。

現在では、「立春」の前日を「節分」と呼ぶようになっていて、

春と冬を分ける節目の日となります!

 

恵方巻って何?

IMG_4326

節分に巻き寿司を食べる風習は、福を巻き込むという意味と、縁を切らないという意味が込められ、

恵方(えほう)に向かって巻き寿司を丸かぶりするようになりました。

恵方とは、その年の最もよいとされる方角。

1年ごとにその方角が変わります。

 

【恵方巻の食べ方】
 太巻きを1人に1本用意
七福神にちなんで7種類の具が入った太巻きを、丸ごと1本用!まるごと1本包丁で切らない=縁を切らないようにという意味が込められているのだそうです。恵方を向く
その年の最もよいとされる方角(恵方)を向きます。今年は北北西!

願い事をしながら最後まで喋らずに食べる
恵方巻を食べている間にしゃべってしまうと運が逃げてしまうと言われているので、最後まで黙々と食べましょう!

 

 

Foodでは、食の知識も沢山学んでいます!

子供たちに「食べる」ことの意味、楽しさを伝えられる給食調理師を目指して頑張ります♪

 

#健康調理学科

ページトップへ