新潟で調理・カフェ・製菓・製パン・栄養の世界を目指すなら”新潟県で唯一の食の総合専門校”Food(フード)国際調理製菓専門学校

閉じる

ホーム > ブログ > 春の食材♪豆知識

春の食材♪豆知識

2019/04/03 食のマメ知識

こんにちは^^

入学相談室の羽田野です♪

 

4月に入りましたが、寒の戻りで新潟市内は雪模様。。。

ポカポカ陽気の春が待ち遠しいです!

 

いよいよ新学期が始まりますね!

環境の変化や寒暖差で体調を崩しやすい時期ですが

春がの食材からパワーをもらって元気に過ごしましょう♪

 

とは】

野菜や果物、魚介類などの食材が最もおいしい時期、それが「旬」です。
おいしいだけではなく、栄養成分も高くなっていることが多いので、
この「旬」の時期を意識して食べる事はとてもいいことなんですよ^^

 

【春がの食材】

 たけのこ

lgi01a201402180300

3月~5月、まさに今が旬の食材です!

地上に出て、一旬(10日間)で竹になるので、筍(たけのこ)という漢字で書かれます。

繊維質が豊富で腸内環境を整える効果もあるので、腸の中からきれいにしてくれます。

切り口に出る白い粉はチロシンというたんぱく質で脳を活性化させ集中力をアップする効果があります!

 

 こごみ

20013004220

シダ類という植物の中で、最もおいしいといわれています。

アク抜き不要で、手をかけずに味わえます。

カロテンや食物繊維が、豊富でビタミンCも含んでいます。

 

 さより

 

sayori

高タンパク、低脂肪、低カロリーな魚。

良質なタンパク質には体力向上、代謝活動の促進、免疫力を向上させる働きがあり、

脂質が少なく消化吸収がよいので体力回復に!

 

 いちご

pr00620

いちごといえば「ビタミンC」!

非常に多く含まれており、7粒程度食べるだけで1日の必要量を満たすことができます。

ビタミンCはコラーゲンの生成を助け、ハリのある肌を保つだけでなく、シミやソバカスの原因となるメラニンの生成を防ぎ、美白の効果が期待できます。

抗酸化作用もあるため、風邪の予防、ストレスの緩和にも役立ちます!

 

 

旬の新鮮でおいしい食材は、体も心も健康に元気にしてくれます(*^^*)

 

4月13日のオープンキャンパスでも
たけのこやいちごなど春の食材をたっぷり使ったメニューが登場しますよ!
下の画像をタップして詳しい内容をチェックしてみてね!

413

ページトップへ