新潟で調理・カフェ・製菓・製パン・栄養の世界を目指すなら”新潟県で唯一の食の総合専門校”Food(フード)国際調理製菓専門学校

閉じる

ホーム > ブログ > 内定者インタビュー【国際医療福祉大学グループ 西那須野キッズハウス】

内定者インタビュー【国際医療福祉大学グループ 西那須野キッズハウス】

2021/09/13 就職

調理師学科

鍋倉さん(鶴岡中央高校出身)

内定先企業:国際医療福祉大学グループ 西那須野キッズハウス(調理師)

 

◆内定先を受験しようと思った理由やきっかけは?

姉が大学に通っているので親に心配かけずに働くことができるという点と、幼い頃から病院には大変お世話になってきたので恩返しをしたいと思い内定先を受験しました。

◆就職活動や学校生活で努力してきたことは?

小学校から生け花をしており、高校の部活では部長をしていました。

生け花は難しいですが、美しく花を生けるのがとても楽しく、辞めたいと思った時もありましたが今では生け花をしていて良かったと思います。

◆Foodで学んだことがインターンシップや就職活動にどう活かされましたか?

インターンシップに行ったとき、座学で学んだことを聞かれちゃんと受け答えできて良かったと思いました。

事前に就職活動の準備をして、インターンシップに行くことができたので面接のときに話しやすく考えずに話せたので良かったです。

◆内定をもらった時の心境は?

内定をもらえると思っていなかったので、先生から電話が来たときは驚きました。

早くこのことを家族に伝えないといけないと思い、母に最初に電話を掛けました。

母にかけた後、家族からお祝いのメッセージが来てとても嬉しかったです。

◆今後の夢や目標を教えてください

実習に意欲的に取り組み、座学ではしっかり内容を理解し頭に入れたいと思います。

就職したら私はいろんなことにチャレンジしたいと思います。

仕事も様々なことができたらいいなと思っています。

夢は、祖母の願いを叶えるため大学進学を目指すことです。

 

鍋倉さん、ありがとうございました!

就職内定おめでとうございます(*^^)v

ページトップへ