新潟で調理・カフェ・製菓・製パン・栄養の世界を目指すなら”新潟県で唯一の食の総合専門校”Food(フード)国際調理製菓専門学校

閉じる

ホーム > ブログ > 秋の味覚豆知識★ ~旬の食材や栄養を紹介~

秋の味覚豆知識★ ~旬の食材や栄養を紹介~

2020/09/16 食のマメ知識

こんにちは^^

急に涼しくなって体調崩していませんか?

 

今回は、おいしい秋をもっと楽しむための「秋の食材の豆知識」をご紹介します★

 

●まつたけ:なぜ高級なの?

松茸の性質上で、人工栽培ができないため収穫量が少なく、高級品として扱われています。

長年人工栽培の研究が進められていますが、完全な人工栽培はまだできていません。

45d9435c1736285ed44461c6291f8a9c_s

新米と松茸で炊き込みごはんにして食べると、香りが広がりおすすめです★

IMG_0099

 

 

●栗:縄文時代から食べられていた!

ビタミンやミネラルが豊富で、縄文人の大切な栄養源だったそう!

ae0b7aaeedd61ac36b7ccb8a91db799a_s

 

 

●サツマイモ:冷蔵庫に入れるのはNG?

さつまいもは絶対に冷蔵庫で保存してはいけない食材です。さつまいもは寒さが苦手で、すぐ腐ってしまいます。13~15℃くらいの場所で、一つずつ新聞紙で包んでダンボールに縦に入れて保存すると長持ちします。

 

おすすめのスイーツ:スイートポテト★

41296807

●梨:疲れに良い!

梨に含まれる果糖、クエン酸には疲労回復効果があります。

thBBDTEZP4

 

●りんご:皮に栄養成分が豊富!

りんご

りんごの皮には血管に良い働きが期待できるプロシアニジンがたっぷり含まれています。腸に良い働きが期待できる食物繊維の一種ペクチンも多く含まれています。

またご存知のりんごポリフェノールはりんごの皮に豊富に含まれています。こうなるとりんごは皮ごと食べるのは必要不可欠と云えるようです。

★加熱すると高まる効果!

りんごを焼く(加熱する)ことで、ダイエットサポートや朝のスッキリにつながるといわれているペクチンの抗酸化力が9倍になる(121℃で30分加熱した場合)という研究結果が報告されています。こちらも見落とせないところですね。
ジャムやアップルパイ、焼きりんごなど、古くから親しまれてきたスイーツは、甘くておいしいだけではなく、りんごの栄養もパワーアップさせる調理方法が生かされています。

 

10/10オープンキャンパスでは

このりんごを使って、

Food特製シナモンロールを作りますよ☆

詳しくは下記写真をクリックしてね♪

りんごシナモンロール

 

 

 

 

ページトップへ